本文スタート

Works詳細

シンプルなユーザーの動線に沿って、さまざまな特典を経験することができる料金案内書「Bill Letter」

Launch
Jan, 2018
Client
SK Telecom
UX
UT, FGI, UX Concept Building, UI Concept Building, User Flow, Lo-Fi Prototyping, Hi-Fi Prototyping, Wireframing, UI Design, Sketch, Proto.io, Zeplin
Tech
Web/App Accessibility

Bill Letterは、「料金請求書」の意味を再照明する。節約し、消費を共に計画して、使える情報コンテンツをバインドすることで、ユーザーとコミュニケーションする。「特定の請求書」ではなく、「統合料金案内書」のためのアプリに変化する。

ローンチアイコンに、料金案内書の感性をプラスする。「集める=料金案内書+統合」は、正確な情報と、整理された案内書の画像、さまざまな料金請求書の集まりを象徴する。「スペクトル=特典に対する感動+光(colot)」で鮮やかなカラーとグラデーションを使用して、Bill Letterならではの幅広い特典を強調する。

1600万人が利用するBill Letterは、ユーザーの基本情報、スマートフォン利用情報、請求書を管理するパターンと経験を分析する。個人の請求書の使用パターンを把握し、ニーズを反映してコミュニケーションする。

SKテレコムの請求書だけでなく、 KT、LGU+、SKブロードバンド、ハナカード、サムスンカード、都市ガス、ソウル市地方税、アパート管理費、現金領収証など、100種類以上の料金請求書を申請して確認することができ、各料金請求書にマッチするアイデンティティカラーを使用した料金請求書を通じて、ユーザーが一目で料金情報を確認することができるように設計した。

情報アイコンBasic Iconと状況を表すColor Iconを提供する。Color Iconは、レッド、ブルー、バイオレット、グリーン、オレンジの5つのKey Colorの状況別アイコンで定義する。

ユーザーとの関連性が少ない広告プッシュではなく、バインドコンテンツをメイン画面で提供する。ユーザーの関心に基づくタグバインディングコンテンツをモジュール化することで、ユーザーが一方的なコンテンツではなく、パーソナライズされた有用な情報を受け取ることができる。

複数の料金を一度に納付するという、便利な体験を提供する。SKテレコム、SKブロードバンド、サムスンカードなど、請求書に関係なく、目的に合ったメニューと動線を一つの環境で提供する。

インフォグラフィックを通じて、詳細画面で情報の認知度を高めた料金を提供する。ユーザーの音声通話、データ、SMS使用量の情報をグラフで視覚化し、3ヶ月間の変化を直観的に確認することができる。

Bill Letterは、ユーザー中心の料金請求書として、顧客の使用パターンを分析し、適切な特典とサービスを提供する。実用的なコンテンツをバインディングし、ユーザーとコミュニケーションしながら目的に合ったメニューと動線を提供するため、顧客が求める情報を提供するカスタムサービスを利用することができる。

Credits

  • Project Manager

    Kim Seonhye

    UX Designer

    Kim HyeyeonKwon SeohyeonNa Munyeong

    UI Designer

    Park YeonghwaGwon YohanLee Bulhwi

  • Front-end Developer

    Chae kyunghee

    Interaction Designer

    Gim GisangYoo Jungsun