本文スタート

Works詳細

TVホームショッピングのリアルタイム販売にUXが及ぼす影響力をデザインする

Launch
Sep, 2018
Client
CJ O Shopping
UX
UX Concept Building, UI Concept Building, User Flow, Lo-Fi Prototyping, Hi-Fi Prototyping, Wireframing, UI Design, Framer, Proto.io

既存のUGIは、ショッパーテインメント戦略を推進するCJ O SHOPPINGのコンテンツの特性を表現しきれていなかった。今後、CJ O SHOPPINGは、大衆の好みを文化コンテンツとして発信するCJ E&Mと合併し、相乗効果を発揮していく予定である。大衆の好みを文化コンテンツに盛り込んで、ホームショッピング業界をリードするCJ O SHOPPINGの新しいグラフィックフォーマットを構築する。

CJのポイントカラーとブラッサムをモチーフとし、CJ O SHOPPINGのグラフィックのアイデンティティを確立する。スタンダードおよびサブカラーをベースに、コンテンツと調和するカラーガイドを導出し、これに基づいてグラフィックスタイルを追加で導出して、CJ O SHOPPINGの躍動感あふれる感性を表現する。

点、線、面を利用して、派手なグラフィック要素ではなく、基本に忠実なデザインでコンテンツに力を注ぐ。アイコンには、ロゴのアイデンティティを織り込み、ビジュアルモチーフと調和する柔軟なCJ O SHOPPINGのイメージを表現する。

視線の流れを考慮したZ形の動線は、自然な情報探索の機会を提供し、購入を誘導する役割を果たす。ホームショッピングチャンネルの特性を考慮して、ライブで流れる画面には多くの情報を盛り込む一方、メインコピーと価格を強調するバーを入れて、番組を見ている視聴者が知りたい情報を迅速に確認できるようにすることで、実際の売上高につながるように設計したのが特徴である。

さまざまな情報に適用可能な柔軟なデザインを実現し、シンプルで直観的なデザインを通じて、情報を迅速に確認することができるよう定義した。Lバーのデザインでは、従来よりも情報の量を縮小して、視聴者に正確に情報を伝達して、クイックナビゲーションを誘導する。

商品構成や番組の条件などを画像中心に整理して、顧客に伝達するフロント構成、テキスト中心に伝える一般フロント、フルサイズの画像とタイトルテキストを使用できるフロントイメージ、特定商品群の商品画像を効果的に顧客に提供するための商品群別の専用フロントを制作する。

商品レビュー、LEC、矢印、フルバージョン、新聞、完売など、さまざまな機能フロントは、各特性に合わせて新たに抽出したグラフィックパターンを活用し、CJ O SHOPPINGのモチーフを織り込んで構成した。

ホームショッピングの構成要素として使われる審議、ショッピングホスト、ゲスト、スクロール、イントロ、スチール字幕も、新しいGUIに合わせて再構成した。

Credits

  • Creative Director

    Kim Youngsun

    UI Designer

    Park JoohyunJu SunyoungLee Sieun

  • Interaction Designer

    Kim Gisang